舞台

光一2号登場! 2013/2/27

明日は「堂本光一2号」が頑張るそうです!
座長は、左足をひねったのですね。
夜公演の最初のフライングの着地でしょうか?
そのあとのクルマに飛び乗るシーンですべったとか、歩く
のも痛そうだったとか。
それでも2幕の夢幻も”Higther”も踊りきったようですね。
やはり連続公演で、疲れも溜まっているのでしょうね。
カテコの挨拶で座長が自分で怪我の話をしてくれたのは、
嬉しいことではありますが。
昔だったら黙っていたでしょうに、
言えるのは、スタッフさんや
カンパニーへの信頼感が大きいからでしょうね。
座長の挨拶の言葉。
『お客様は敏感なので言いますが、光一、足ひきずってる、と思

われたかと・・・・。足をひねってしまいました。明日からは、

堂本光一2号を出そうと思います。ご心配なく、明日には治って

ます。千秋楽まで全力で走っていきたいと思っています。』



それから、
『各セクションから通常通りいきますか、と声をかけてくれたり、

こういうときこそ一丸となっている姿を見て、自分は幸せな場所

にいるな、と感じています』




という言葉もあったようです。
明日の「2号」頑張れ!と全力でパワーを送るのみですね。
今日の好きな食べ物は
「八宝菜の中のウズラ卵」と「アミノ酸」
「押し花」というとき、手のひらを合わせる仕草をしているそう
ですが、はじめはそうしてなかったですよね。
昼公演では、”ONE DAY”(2幕の)のあとのシーンとした
ときに「コーイチ!」と叫んだ観客がいたとか。
ときどき、よく分からない人がいるようです。
明日は1公演のみ。
「光一 2号」にたくさんパワーを送りましょう!!
2013年2月27日

2013年 帝劇

"Document of Endless SHOCK 2012”
昨日は、このDVD一色の日になってしまいました。
ちなみにオリコンDVDランキング1位だとか。
テレビCMは2度しか遭遇していないし、店頭には
並んでいるのかしら?
いいものは、もっと「売る気」を見せてください、JEさん!!
同じ事務所に所属していても、レコード会社が違うと、テレビ
CMにこんなに差があるのなら、いっそレコード会社を移籍
していただきたいです。
そもそもJEを生んだタレントではありませんか。
もっとしっかり、販売のバックアップをしていただきたいです。
・・・・というか、これはやっぱり本編DVDが出るのでは?
と思いました。
あの座長の、可愛くて、ひたむきで、一生懸命な日々、
カンパニーと信頼できるスタッフさんに囲まれて駆け抜けた
4ヶ月。
ここまで,前フリして、本編DVDを出さないなんてこと、
ありますか??
(JEだけに、ありうるかしら?)

『ONE DAY』 も、『higher』 も、
舞台の流れの中で見たいです。
今年の舞台は、ものすごくイイ、とみなさんがおっしゃるほど
に進化しているのでしょうが、座長は毎年、最高の舞台を
見せてくれます。

2012年の舞台は、それまでで最高の舞台でした。
歴代の舞台は、ファンの記憶には残っていても、映像として
形になっているものが少な過ぎます。
”ぜひ、舞台本編のDVD発売を”、と要望していきたいと思い
ます。

今回のDocument が多くの方に見ていただけたら嬉しい
ですし、それをきっかけに「SHOCK」をもっと知ってもらえる
ように、DVDを発売する、それがJEさんの「お仕事」では
ないでしょうか?
期待しつつ、要望も頑張りたいと思います。


帝劇に行ってきました。

2013年「Endless SHOCK」行ってきました。
Photo
帝劇入り口には、たくさんの胡蝶蘭が・・・・。
Photo_2
その中で、可愛く下のほうに置かれていた沙也加さん
からのお花。
Photo_3
その隣にあった佐藤めぐみさんからのお花。

Photo_4

・・・・そして、
「好きな花は”押し花”」
「好きな食べ物は”湯がいたニンジン”」でした。

まだ、あまり整理がつかないので、印象だけ。
2013年の「SHOCK」は、1幕2幕とも『踊り』がさらに
素晴らしくなり、2幕のシェークスピアのシーンがヤラの
”夢”となることで、しっかりと物語に整合性ができ、
前田美波里さんをオーナーに迎えて、とても上質な
”SHOW”になった、のではないかと思いました。


無駄な悪ふざけがなくなって、無駄に古いダンスがなく
なり、すっきりとスマートな構成になって、照明の効果が
素晴らしい。
そして、なによりも、「Endless SHOCK」が残していた、
ジャニーズワールドについて座長が『訳が分からん』と
言っていたような”ジャニー特有の”訳の分からなさから、
ようやく脱却できて、スタンダードな作品になった、という
思いを強く持ちました。

本当に長い時間をかけて、ある意味キャストの壁に阻まれ
ながらも、ここまで「SHOCK」という作品を昇華してきた
座長に、心からの拍手を送りたいと思います。
1000回目の「SHOCK」は、さらに細かい点を修正し、
熟成した舞台になっていることでしょう。
いい舞台でした。

800回の博多座など 2012/1/7

初日 おめでとうございます

 初めての博多座での一ヶ月公演が

 無事に恙無く、大きな拍手と声援のうちに

 大成功されますように!

さあ、博多座初日の朝です!

福岡のお天気は雨?

雨男と自らおっしゃる座長ですが、博多座は熱気に包まれる

のでしょうね。

お昼から「公開通し稽古」プラス「記者会見」と聞いています。

”月刊ミュージカル”の凛々しい表紙、”オリ☆スタ”の麗しい

光一さんを眺めながら、博多座に思いを飛ばしています。

今夜の『800回目』公演の幕が開くと、ようやく3/11から止まって

いた時間が動き出すんだなあ、と感無量です。

座長、カンパニーのみなさま、スタッフのみなさま、そして、

この日の観劇という幸運に恵まれたみなさまが、素晴らしい時間

を過ごされますように






それは歓喜の歌声でした!!


10日の昼・夜公演から帰ってきました。
すばらしい時間でした。
私は光一さんのソロコンは、もう何度でも行きたい、と思う
くらい大好きですが、「SHOCK」は正直ずっと違和感を
持っていました。
それこそ「体を張った」フライングや階段落ちは、確かに話題
にはなっても、「エンターティメント」の本来の姿とは違うのでは
ないか、アスリートが「より速く、より遠く」を目指すのとは違う、
もっと踊りや歌の表現を進化させる方向を目指すべきではないか、
とずっと思ってきました。


また、実際、フライングや階段落ちは、とても「楽しんで」は見られ
なかった、というのもありました。

でも、今回は違いました。

1幕から、その歌と踊りの楽しさに完全に引き込まれ、”ああ、これ
こそが『ミュージカル』”と思いながら涙を流していました。

細かな変更も、やや目立つ変更も、全てが「進化」へとつながって
いて、全体の流れがスムーズ、かつ、どのシーンも楽しい、
そして何より、歌うこと、踊ること、ステージに立っていることの喜び
が、熱く伝わってきました。

あの、3/11が、エンターティメントのあり方を考えさせた、と光一
さんは言っていますが、それは出演者・スタッフのみなさんも
同様でしょう。
観客にしても、それぞれにいろいろな思いはあるで
しょう。


そういう時間を経て、今、ステージに立っている喜びが、歌にも踊り
にも溢れていると思います。

2幕には、トラヴィスさん振り付けの新曲があって、なんの違和感も
ないどころか、ストーリーをさらに深化させていて、私として一番
大きかったのは、このようなあふれ出る”喜び”の中に、フライング
も階段落ちも、見事に包含されてしまった、ということです。

『SHOCK』というミュージカルの様々な表現のひとつとして、
やっとフライングや階段落ちを見ることができました。
この『SHOCK』のすばらしさは、内くんと神田沙也加さんの
演技に拠るところも大きいと思います。

すばらしく進化した『SHOCK』
この喜びに溢れるカンパニーは、きっと4ヶ月のロングランも
走り続けてくれる!と信じることができます。
そしてね、座長の衣装が、すばらしくキラキラで。
これを着こなせる光一さんに、またまた惚れ直しました。
勝手な思い込みかもしれませんが、
「好きな花は?」に「押し花」と、昼も夜も答えてくれましたし。
博多座↓
Photo

800回公演の中止 2011/3/11

800回公演の中止2011年3月11日
上演決定のようですが・・・・・。
東宝HPより引用↓
『≪3月13日(日)上演決定のお知らせ≫

2011年3月13日 東宝株式会社演劇部
毎度、ご来場賜りまして誠に有難うございます。
このたびの「東北地方太平洋沖地震」の影響によりまして、
3月11日及び12日の上演を中止させて戴きました。
弊社におきましては、地震発生後より速やかに、舞台機構を
含めました全ての劇場設備の綿密な点検を行い、昨日までに
その十分な安全性を確認させて戴きました結果、本3月13日の
両劇場公演より予定通り上演させて戴きます。

なお、お客様の安全を第一として、上演させて戴きますので、
本決定の後でも、余震の状況に変化があり、上演に支障を
来たすと判断される場合など、改めて公演中止になる場合も
ございます。その際は速やかに、当ホームページにおいて「急告」
としてお知らせ申し上げますので、引き続き、お出かけ前の
ご確認をお願い申し上げます。』

今日は昼・夜2公演の予定ですが、正直、これでいいのか
と疑問に思っています。
地方から出かけられる方も多いと思いますし、『急告』と
いわれても・・・。
こんな状態で、座長に何かあったらと思うと・・・・。
いろいろ考えると、たまらなくなります。
東宝さん、この決定はファンには辛いです!

{追記}
今日の上演については、いろいろな意見があると思い
ます。私はなにより座長の安全が気になります。
何かあってからでは、取り返しがつきません。

せめてもう1~2日は様子を見るべきではないでしょうか。
帝劇を目指して上京する地方のファンも、交通の便がまだ
悪い方もいるでしょうし、性急な上演がいいとは思えません。
東宝HPの一番下に「お問い合わせ」があり、そこから「意見」
の入力フォームにいけます。
朝、「意見」を送ったところ、40分ほどして私のアドレスに「メール
受理のメール」が届きました。日曜日なので、これがちゃんと
伝わるのかどうかわかりませんが、何もしないよりは、と思い
ました。「意見」を送りたい方は試してみてはいかがかと思い
ます。


座長の「挨拶」

レポを拝見しました。
内容はこんな感じ。
黒の「SHOCK」ジャージで、髪型とメイクは上演できる
ように整えられていたとか。
『吊りものが全部ダメになってしまい、スタッフが徹夜で直して
くれました。
自分も頭の中がぐちゃぐちゃで、何が正解か分からない。
自分の親戚も被災地にいて、いまだに連絡がとれない。
今、日本が大変なことになっているこの状態で、僕たちが
ステージに立つことは違うと判断しました。
中には「Show must go on」じゃないじゃないか!と思う方も
いらっしゃるかと思いますが、劇中にもあるように「立ち止ま
って考える」ことも必要だと思います。』

だいたいの内容です。
座長のおっしゃるとおりだと思います。
東宝さんにも「立ち止まって考える」ことを強くお願い
したいと思います。

”被災地の親戚”って、もしや・・・・?
ご無事をお祈りするばかりです。
2011年3月13日 (日) 芸能・アイドル


『SMGO』 みなさんへー3月15日ー(泣)


『SMGO』更新されましたね。
今の座長の気持ちだと思います。

そして13日の中止について、
『突然の中止でしたが、正直驚きはありませんでした。
今の世の中がこの状態では、公演をやる事、中止する事、
どちらが正解とは言えないと思います。』

そして、
『自分もいつステージに立てるのかわからない状況にあります。
毎日体調管理をしながら、いつでもステージに立てるよう準備
をしながら、連絡を毎日待っています。』

連絡を毎日待っている座長・・・・・(泣)
東宝さん、これでいいのですか?
確かに何が正解なのかは分からない。
でも、座長もファンも、こうしてただ待っていろというの
でしょうか。

座長はこのままでは毎日スタンバイして待つのでしょう。
そして、幕が開くのなら全力を尽くすでしょう。
でも、それが正しいとは思えない、この状況で幕を開ける
ことがみんなの喜びになるとは思えない。

次の公演は800回目の公演です。

座長もカンパニーも、観客も、帝劇に行けないファンも
笑顔で喜べる公演であってほしい.
東宝さんは、いつまで、座長を、カンパニーを、そしてファン
を待たせるつもりなのでしょう。

朝の「急告」という形で一日ずつ日延べしてゆくのですか。
はっきり中止を決定して欲しいと思います。
その上で、たとえ来年になったとしても、800回目の
公演をみんなで笑顔で祝いたいと思います。

NHKの「全ては舞台のために」 2010/8/18

2010/8/18
タイトル!
「堂本光一 すべてはステージのために
~究極のエンターテイメント『SHOCK』~」


というタイトルに決まったようですね。
この10年と、今年の「SHOCK」がどのように
語られるのか、とても楽しみです。
”すべてはステージのために”
これこそ、初のステージからずっと変わることなく
貫かれてきた基本の姿勢ですね。
10年という時間をかけて、「堂本光一」は
どういう「堂本光一」になったのか、
また、カンパニーはどう成長したのか。
そのあたりを、まっすぐに捉えてほしいと思います。
番組を見た直後は、多分何も言えないのでは
ないかとも思いますが・・・・。
そうそう「お試しか」は8月30日の放送のようですね。
この週に「チューボーですよ」もありますし、
音楽番組の出演もあるのかしら。
アルバムもDVDも待ち遠しいです!


「邪念はいらない」
いきなり階段落ちの直後のシーンから


始まりました。夏のSHOCKの只事ではない消耗
ぶりがわかって、これを100回もやりとげた座長の
エネルギーに改めて脱帽です。
稽古場の座長の姿、内くんの様子、MAもいて、
密着取材だなあ、と思いますね。

「若い頃は頭で考えていたけれど、今はみんなが
作品に向かってゆく姿勢ができているので、とても楽」
と語る座長。
「今の自分が心掛けているのは動揺しないこと」
と言う言葉にも、日々の舞台での座長の姿が裏づけ
となって、ものすごく説得力があります。

舞台稽古でのラダーフライングの様子。
まさに「人力」なんですね。腕を冷やす座長と
「綱元」スタッフ8人衆。そして階段落ち。
いつも、そこまで危険なことをしなくても、と思う
のですが、「その日の公演をぶっ倒れるまですると
自分に言い聞かせる」という座長の言葉を聞くと、
もう、何も言えなくなります。

「SHOCK」は座長の”ぶっ倒れるまで”の日々の
連続なんだ、そのエネルギーが今のカンパニー
を作り、そのエネルギーが感動を呼ぶんだ、と
改めて思います。

「明日なんてわからない」
「この仕事なんて特に何が起こるかわからない」
「逆にそんなことで悩みたくない」
「いらない迷いが生まれてしまう」
「そんなこと考えずに今に全力投球することが大事。
今の俺にとって」


座長はこれまでもこういったことを語ってきた人でした。
その言葉が、心に沁み込みます。
今、この時に全力を注ぐ。
この覚悟があってこその千秋楽の笑顔。
また今日も座長に力をいただきました。
いい番組でした。
2010年8月19日 (木)


5分に及ぶ殺陣の・・・闘いの美 ~リピートリピート~
階段落ちの壮絶で始まり、終わった番組でしたが・・。


「正統派」の殺陣は、使うエネルギーも半端でなく、
常に腰を落とした構えが美しくもあり、とても
壮絶でもあり。

光一さんのダンスが大好きで、SHOCKの踊りの
シーンは全て目に焼き付けるくらいの勢いで見入って
いましたが・・・。
今回の特番を見て、15分にも及ぶ殺陣は、
命がけの闘いを表現する座長とカンパニーの
渦巻くエネルギーの表現の場なんだと、
今更ながら思ったのでした。


「SOLITARY」や「夜の海」が完成された美しい
パフォーマンスなら、殺陣は常に未完成の、
溢れるエネルギーの表現で。

そこには、生身の身体を使ってどこまで「表現」
できるか、という共通の課題があるのですね。

『あなたは本物の表現者です』
というトラヴィス・ペインの言葉が光一さんの本質を
表しているのだと思います。
ソロコンでは音楽を表現し、舞台ではSMGOの精神
を表現し尽くす。
その所作のひとつひとつが美しく、精神のあり方が
また美しい。

光一さんだけの、光一さんにしかできない舞台なの
だなあと、いや、光一さんそのものなのだなあと、
なんだか泣きそうなくらい座長が好きです。


感想を送ってしまいました。


こんなこと、あまりしないのですが、NHKさんに
(今や「さん」付けです)感想など送ってしまいました。
できれば再放送していただいて、もっと多くの人に
見て欲しい。
また、できれば、長期間の密着取材で今回放送
されなかった部分も含めてDVDなどにして
いただけないでしょうか、など、要望も書き込んで
みました。
なによりNHKさんに感謝です。

2010年2月の記事です。ちょうど「SHOCK」10年の頃。

2010/2/20
[SHOCK」と歩んだ10年~ぴあ~

今日は3月公演一般チケット受付。
またしてもやっと繋がったと思ったら、「終了」の声。
もう、なんというか・・・・・。
でも、おかげ様で、3月に帝劇にいけることになり
ました。ありがとうございます。感謝、感謝です!

「ぴあ」も購入していたのですが、昨日からバタバタ
していて、ようやくじっくりと読むことができました。
連載の‘Endless Days’は1ページで、光一さんは
後ろ姿。まだ稽古中の話ですが「細かい変更点」って、
どうも、それ以上の変更だと思うのですが・・・。
で、7ページに渡る特集があります。

‘LIFE + WORK’とタイトルがあるのですが、
『俺にとっては軽く聞こえる』と言う座長です。
~『SHOCK』をひとくくりにする発想はあんまりなくて、
1回1回の公演が勝負だと思ってる~
常に変わらない、ブレない座長ですね。

何がしたいだとか言ったことは無い、と言い切る座長
は、究極の仕事人間といえるでしょうが、目の前の
仕事に全力を尽くすだけ、と言い続けて10年以上。

振り返らない座長に代わって、振り返ってみると、
なんてひたむきな、そして、なんて厳しい年月だった
んだろうと思います。

ファンとしては、やってほしいこと、やってほしくないこと、
いろいろ思いますが、光一さんは、その全ての仕事
をきっぱりとやり遂げて、今、今日の帝劇の舞台
に立っている。

『来年以降どうこうなんて話をしたところで俺のために
ならん!』という光一さんの生き方は、見事ですが、
そんな毎日の厳しさを思うと、ちょっと心が痛いです。

『要望は応えるというより、超えるためのもの』
光一さんは、そんな人だから、とても尊敬できるし、
ずっとついて行けるのだと思います。
だからこそ、パンちゃんと居るときは笑っていて
ほしい、F1を見るときは夢中で楽しんでほしい、と
願わずにはいられない。


そして、帝劇で1つの公演が終わるたびに、熱い熱い
拍手で座長の心を暖めたいと思うのです。
今日の公演もそろそろ終わろうとしている時間です。
座長の笑顔が見たいなあ。

「MASK」で初座長。

1999年1月6日~1月31日 日生劇場にて

出演  堂本光一  (優貴、穣司二役)
     尾藤イサオ (ジャック)
     中尾ミエ   (愛子 優貴の母、穣司の妻)
     秋山純    (勝哉)」
     町田慎吾  (ケン)
     大島宇三郎 (白衣の男)
     宮内理恵  (リリー・ガーランド)

以下「舞台レポ」からの抜粋です。

父が見残した夢を息子は叶えることができるのか、限られた命の
時間を人はどう生きるのか。夢を追う青年を家族や仲間はどんなふうに
見守ればいいのか。
さらに、芸術性とエンターテイメントは両立しえないのか。
青春、夢、愛、友情、エンターテイメント・・・・。
まず舞台は穣司(光一)がブロードウエイの舞台を踏むシーンから始まる。
華やかな舞台が終わった途端、白衣の男が闇に浮かぶ。
「初日が千秋楽になったな」ショーは失敗し、穣司の夢は絶たれる。
そして穣司の命も。
棺に横たわる穣司を幼い優貴は責める。「パパは最低だ」
その瞬間、棺が火を噴き、成長しロックバンドのボーカルとなった
優貴が棺の中から現れる。
・・・・こんな素早い場面転換と大胆な演出効果、対照的な明と暗の
シーンが、日生劇場の舞台で繰り返し展開される。
そして、七変化メドレー。
桜を背景に、くまどり鮮やかな仮面をつけて舞う光一を竜が巻く。
次の瞬間、光一が廃屋の上に姿を見せると、紅葉の山が割れて
白滝がしぶきをあげ、光一は神剣を手に竜と闘う。
・・・特に秋山くんが、
優貴の病気を知り、療養させるためにバンドを解散させる勝哉役で
登場。
ブロードウエイの楽屋を訪ねるシーンでは休養しない優貴と立ち回り
を見せたり、死の恐怖に震える優貴の悪夢の中では不気味な黒衣の
男を演じたり、フル活躍していた。
でもやっぱり光一。
ショータイムでは華やかに、運命に打ちひしがれるシーンでは哀切に、
バンド仲間の前では強がって、母やジャックの前では仮面を取って。
さまざまに演じわけ、歌い分けた光一の底力と可能性が感じられた舞台
だった。

以上引用終わり。


ジャニーズ伝統の舞台の形ですね。
初の座長舞台の前に、
「二十歳になって、自分が主役の舞台をやることで、何か新しい
自分が見えてくるんじゃないかと思う」
と雑誌で語っていた光一さんでした。
この舞台の映像は残っていないと思います。
残念です。

作詞家・松本隆さんの感想の一部がこんな感じ。

こちら。
「ぼくはKinKiの詞を書いているから、光一の魅力を、他人より深く
知っていたつもりだが、生に舞台に立った、彼の全身が発散している
オーラの強さには驚かされた。
たとえは少々古いが、世阿弥が「風姿花伝」の中で説いている「花」と
いうのは、こういうものに違いないなと、彼を見ながら、ふと思った。
   (中略」)
舞台を見終わり、ガランとしたホールに出ると、ソファにジャニー喜多川氏
がぽつんと座っていた。なんか日本のエンターテイメントの大黒柱のような
人が、こうしてひとつのミュージカルに情熱を注ぎ込んでいる姿は興味深い。」


そうして、
座長自身はどうだったかというと、
これも引用になりますが。
「これがヤリガイありすぎるくらいの濃い内容でね。特に二幕目なんか
秋山と踊りまくって。すっげえ疲れるけどね。でも、ボクらがしんどければ
しんどいほどお客さんに喜んでもらえるシーンができると思うと、ミュージカル
の醍醐味を感じる。
  (中略)
ボクらの仕事って芝居や歌、踊りなどに分けられるけど、それをいっぺんに
できちゃうのがミュージカル。
実際に体験してみて、想像以上にずーっと楽しいものだった。」
さらに千秋楽のあとに、
「まだ余韻が残っている。
37公演、26日間休みなし。大変だったけど忘れられない体験となり
ました。」


20歳の初座長から、舞台に魅せられて、
これも出会うべくして出会ったのだなと思うと、
座長は20歳ですでにライフワークとなるものを見つけた、
幸せな人と言えると思います。
以後、毎年舞台がある年月が続き、
「Endless SHOCK」への道がまっすぐに伸びてゆくのです。

その他のカテゴリー