« 800回公演の中止 2011/3/11 | トップページ | 2013年 帝劇 »

800回の博多座など 2012/1/7

初日 おめでとうございます

 初めての博多座での一ヶ月公演が

 無事に恙無く、大きな拍手と声援のうちに

 大成功されますように!

さあ、博多座初日の朝です!

福岡のお天気は雨?

雨男と自らおっしゃる座長ですが、博多座は熱気に包まれる

のでしょうね。

お昼から「公開通し稽古」プラス「記者会見」と聞いています。

”月刊ミュージカル”の凛々しい表紙、”オリ☆スタ”の麗しい

光一さんを眺めながら、博多座に思いを飛ばしています。

今夜の『800回目』公演の幕が開くと、ようやく3/11から止まって

いた時間が動き出すんだなあ、と感無量です。

座長、カンパニーのみなさま、スタッフのみなさま、そして、

この日の観劇という幸運に恵まれたみなさまが、素晴らしい時間

を過ごされますように






それは歓喜の歌声でした!!


10日の昼・夜公演から帰ってきました。
すばらしい時間でした。
私は光一さんのソロコンは、もう何度でも行きたい、と思う
くらい大好きですが、「SHOCK」は正直ずっと違和感を
持っていました。
それこそ「体を張った」フライングや階段落ちは、確かに話題
にはなっても、「エンターティメント」の本来の姿とは違うのでは
ないか、アスリートが「より速く、より遠く」を目指すのとは違う、
もっと踊りや歌の表現を進化させる方向を目指すべきではないか、
とずっと思ってきました。


また、実際、フライングや階段落ちは、とても「楽しんで」は見られ
なかった、というのもありました。

でも、今回は違いました。

1幕から、その歌と踊りの楽しさに完全に引き込まれ、”ああ、これ
こそが『ミュージカル』”と思いながら涙を流していました。

細かな変更も、やや目立つ変更も、全てが「進化」へとつながって
いて、全体の流れがスムーズ、かつ、どのシーンも楽しい、
そして何より、歌うこと、踊ること、ステージに立っていることの喜び
が、熱く伝わってきました。

あの、3/11が、エンターティメントのあり方を考えさせた、と光一
さんは言っていますが、それは出演者・スタッフのみなさんも
同様でしょう。
観客にしても、それぞれにいろいろな思いはあるで
しょう。


そういう時間を経て、今、ステージに立っている喜びが、歌にも踊り
にも溢れていると思います。

2幕には、トラヴィスさん振り付けの新曲があって、なんの違和感も
ないどころか、ストーリーをさらに深化させていて、私として一番
大きかったのは、このようなあふれ出る”喜び”の中に、フライング
も階段落ちも、見事に包含されてしまった、ということです。

『SHOCK』というミュージカルの様々な表現のひとつとして、
やっとフライングや階段落ちを見ることができました。
この『SHOCK』のすばらしさは、内くんと神田沙也加さんの
演技に拠るところも大きいと思います。

すばらしく進化した『SHOCK』
この喜びに溢れるカンパニーは、きっと4ヶ月のロングランも
走り続けてくれる!と信じることができます。
そしてね、座長の衣装が、すばらしくキラキラで。
これを着こなせる光一さんに、またまた惚れ直しました。
勝手な思い込みかもしれませんが、
「好きな花は?」に「押し花」と、昼も夜も答えてくれましたし。
博多座↓
Photo

« 800回公演の中止 2011/3/11 | トップページ | 2013年 帝劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209112/72921418

この記事へのトラックバック一覧です: 800回の博多座など 2012/1/7:

« 800回公演の中止 2011/3/11 | トップページ | 2013年 帝劇 »