« ジョン・ケアードさん観劇! | トップページ | 2月23日 感想 ちょっと長いです。 »

2月23日 帝劇!

行ってきました。


自分としては昨年の梅芸以来の「Endless SHOCK」

です。

Dsc_0007

Img_20180223_231321

関西に比べてちょっと寒い帝劇あたりでしたが、

もちろん今日も「満員御礼」


「しなの路」さんにお詫びを兼ねてご挨拶。

お昼をいただきました。

まずお店の前が・・・・・。

Dsc_0010


な~んにも無い!!!

お花が無いのは分っていましたが・・・・・、

それでもこの光景は、なんともいえない現実を

突きつけられた気がしました。


観劇後、お店の前で待ち合わせをしたときには

少し光景が変わっていて、お花があったテーブルが

戻っていたものの、こんな感じ。

Dsc_0011

お花の件については、起こった事実を、東宝さんの

HPの「お問い合わせ」フォームから、長いメールに

なってしまいましたが、,お知らせしました。



観劇後、久し振りに光一さんファンのみなさんと

お話ができて楽しかったです。

しかし、私の実感としては、お花の件もそうですが、

『喪失感』がいっぱいの一日になってしまいました。

帰りの新幹線でパンフレットを全部ではありませんが

読んで、家に向かう夜道を歩いていると、座長が

少し声が出しづらそうでもありながら、あんなに

歌って踊ってキラキラでオーラいっぱいで・・・・・・、

なにより座長の気迫に圧倒された、と思ったのでしたが。


「今日の公演がその日のベストであるように」

「半分以上変わったアンサンブルのみなさんも」

「カンパニーが一体となってゆくのを感じ」

「なによりみなさんの拍手が力となっています」


という座長の挨拶を断片的に思い出しながら、

堂本光一という人は、G事を含めて、たくさんの試練

を「最善を尽くす」ことで乗り越えてきたのだなあ、

その試練はどこまで続くのだろうか、

と思って、泣けてきました。


「全ての出来事には意味がある」

というのであれば、この試練にも意味があるのかも

しれませんが・・・・。


「SHOCK」観劇後に、こんなにも悲しい気持ちに

なったのは初めてでした。

少し時間をおいて、私なりの感想をまとめたいと思います。


|

« ジョン・ケアードさん観劇! | トップページ | 2月23日 感想 ちょっと長いです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月23日 帝劇!:

« ジョン・ケアードさん観劇! | トップページ | 2月23日 感想 ちょっと長いです。 »