« 名古屋ファイナル!! | トップページ | 週末はF1でしたが・・・・。 »

「Spiral」ツアーの「夢」と「現実」

「光一夏祭り」のメイン”Spairal”ツアーが終わりました。

2015年の暑い夏、熱いステージを見せてくれました。

北海道からスタートして、大阪、横浜、福岡、名古屋。

名古屋オーラスで話してくれたように、あの『シャンデリア』

が設置できる会場がそもそも限られていた、ということで。

なにしろ、重量制限にひっかかって10トンも軽くしなければ

ならなかったって、どれだけの工夫と努力と作業が必要

だったことか!移動して設置して、撤去してまた移動。

ツアーを支えてくださるスタッフさんには、いくら感謝しても

足りないくらいです。

光一さんが毎回スタッフさんへの感謝の言葉を忘れないのも

その大変な作業を熟知しているからこそ。

その機材が作り出す夢の世界。

なかなか会場では全体が見えませんが、NHKの放送で見た

ステージの映像が目に焼き付いて、早くDVDが見たい、

早くあの目眩く照明の中で光一さんを見たい、という思いが

湧き上がってきます。

実際の会場で見た光一さんは、それぞれの席によって

違うでしょうが(もちろん、どの席から見ても”料金以上”

でしたが),私にとっては、まず大阪での『白タンク』での

ひとり「INTERACTIONAL」

この楽しさ、この音楽との一体感、これが今回のツアーの

真骨頂だ、と思いました。

横アリでは,すぐ横に花道が降りてきたこともあって、汗が

光る光一さんの白いジャケット姿と細い足。

名古屋オーラスでは、「SHOCK」のあとの倒れた光一さん

と、ラストに登場した”Spairal”フラッグというのでしょうか、

「旗」です。

このオーラスのためにだけ作られた10本(?)12本(?)

の「旗」がダンサーさんたちによって振られ、ステージを囲む

ように立てられて、

「なにこれ、初めて見るわ」と光一さんが言っていましたね。

スタッフのみなさんの愛を感じました(胸熱)

暑い名古屋で、立ち上がって上着を剥ぎ取るように脱ぎ、

「さあ、もっと歌おう」と前に歩く光一さん。

この姿に、心底胸が震えました。

この人は本当にステージが大好きで、何があってもやり抜く

んだな、自分の全てを出し切らずにはいられないんだな、

ならば、この時間をファンも全力で楽しもう、みんなで

素晴らしい時間にしよう、と思ったのでした。

おそらく映像化されるのは横アリの公演でしょう。

この名古屋オーラスは映像には残らないかもしれない。

でも、光一さんの姿は記憶にしっかりと焼き付いて、いつまでも

2015年の夏の「堂本光一」として残るでしょう。

それは、しんどかった光一さんではなく、そんな中でも

全力で踊りきり歌いきった、まさに「ザ・堂本光一」としての記憶

であり、まただからこそ、支えてくれたスタッフさんやダンサー

さんたちへの感謝を述べ、さらに「この会場にはすばらしい

空気がながれている」とファンへの心遣いを見せてくれた

「優しい男・堂本光一」としての記憶でもあります。

この記憶を抱きしめて、「次」を待ちましょう!

「(もしも3年後なら)39歳か・・・・、もっと踊りが上手くなって

いる」と言った光一さんを、待っています。

誰にも様々な現実があり、光一さんにもいろいろな「壁」が

あるでしょう。

でも、ひとときの「夢の時間」がどれだけのパワーを与えて

くれるか私たちは知っています。

またファンの思いが光一さんにもきっと力となって伝わって

いるに違いないと信じることができます。

光一さんとファンが織り成してきたスパイラルが、さらに

上に向かってどこまでも続くに違いないと信じることが

できます。

素晴らしい夏をありがとう!!

新たな未来の夢をありがとう!!





|

« 名古屋ファイナル!! | トップページ | 週末はF1でしたが・・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Spiral」ツアーの「夢」と「現実」:

« 名古屋ファイナル!! | トップページ | 週末はF1でしたが・・・・。 »