« 堂本兄弟・木下優樹菜 | トップページ | 1/2~2004年の輝き~ »

FNS歌謡祭

4時間以上の長丁場の番組でしたが、

KinKi Kidsは、ここ何年か、こういう番組で輝かないなあ、

と思っています。

今回は、というのか、今回も、というべきか、

わりと早々と登場し、全国ツアーのコメントを簡単に

述べて、それも、光一さんのかなり型どおりのコメントで。

髪がさらに少し短くなったかしら、

ビジュアルは言うこと無しな光一さんですが・・・。

今日の衣装も良く似合うけれど、相方とのアンバランス

はどうしようもなく。

Secret Code を歌う光一さんは、笑顔がなくて、

相方は、なんだか憮然とした顔つきに見えて、

KinKi Kids の歌う画面が悲しく見えたのは

ワタシの思い過ごしでしょうか?

東京ドームは楽しかった、というレポも見ました。

でも、もう、KinKi はあまり見たくないかも。

光一さんが納得できる環境、

満足できる仕事ができる場所、

それはもう、「ソロ」でしか実現不可能でしょう。

「ソロ」で輝く光一さんを見たいです。

もうすぐ2009年。

30歳の光一さんが、どんなパフォーマンスを

見せてくれるのか、期待しています。

|

« 堂本兄弟・木下優樹菜 | トップページ | 1/2~2004年の輝き~ »

コメント

そうですね、FNSのお二人は輝いていなかったですね。あれは意図的に?(相方の作戦?)。でもコンサートはアンチも偏りも無く合い方の団扇を持った人も光ちゃんが来たら声援し、その逆もありとても楽しい空間でした。光ちゃんも「感無量」と言っていましたし「名残惜しい」と去っていきました。本来のKinKIに少しは戻れたかしら?

投稿: ひみ | 2008年12月 4日 (木) 07時43分

ひみ様
コメントありがとうございます。
観客の反応で大きく変わるような今回の長いツアーでしたが、
このように、相方次第、とか、観客次第、というコンサートになって
しまっていること自体が、『今のKinKi』の現状を表しているように
思われます。これは、光一さんの本意ではないでしょうし、プロデューサーとしての光一さん的観点からすれば、かなり辛い状況だったでしょう。相方に何も期待できない以上、かつての『KinKi』の良き時代のイメージをせめて壊してほしくないと思ってしまうのです。
そのためにも、もう、KinKiは封印してもいいのでは?と考えてしまうのです。悲しいことですけどね。

投稿: 葉月 | 2008年12月 4日 (木) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FNS歌謡祭:

« 堂本兄弟・木下優樹菜 | トップページ | 1/2~2004年の輝き~ »