« 舞台は続く | トップページ | 思い出す銀狼 »

Kinki Kids

光一さんが今の光一さんになったのは、Kinki Kidsとして重ねた

日々があったから。これは当然のことですね。剛さんにも同じことは言える

でしょう。

デビューの頃もそうですが、もっと前、‘Kissからはじまるミステリー’

‘friends’の頃を思うと、まだ幼さを残しながら、一生懸命に歌って踊って

いたなあと切なくなります。二人だけのグループというのは、ツライものが

ありますよね。いつも比べられる。ファンにしても、同じくらい二人が好き

というのは難しい。どちらか寄りになる。

それでも、‘friends’を聞くと、歌詞がそのまま二人を表しているようで、

Kinkiとしての二人の世界をイメージする。それはファンの幻想かもしれない

けれど、あの頃は多くのファンがそんな幻想を持っていた気がする。

久しぶりに当時のビデオを見て、少年の二人に出会うと、この頃にあった

かもしれない多くの可能性が見えるような気がする。ほんの少し環境が

違っていたら、いくつかの要素が加わるか或いは省かれるかしたら、

まったく違うKinki Kidsになっていたかもしれない。

そんなことをフト思う明け方です。

Music A-album

アーティスト:KinKi Kids
販売元:ジャニーズ・エンタテイメント
発売日:1997/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 舞台は続く | トップページ | 思い出す銀狼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kinki Kids:

« 舞台は続く | トップページ | 思い出す銀狼 »