「なかったこと」にはしない!

ジャニーズ事務所がわざわざ「公式」レポを

出しながら、「葬式ごっこ」にひとことも触れな

かったことは、ジャニーズ事務所がこれまでと

同様に、都合の悪いことは「スルー」し風化する

のを待つ姿勢を示した、ということです。

人の噂も75日。

次第に誰も何も言わなくなり、多くの人は忘れ

てゆくのでしょう。

また、それが、精神衛生上も一番良いことなの

だろうと思います。

事実、怒り、嘆きながらも、こんな気持ちを切り替えて

もっと楽しいことに目を向けたい、と思い始めた人が

多いと思います。

光一さんの「次」のお知らせをワクワクして待ちたい。

もう区切りをつけたい。

それは当然の心の動きです。

誰でもいつまでも嘆き続けてはいられない。

もっと生産的な、楽しいことに向かいたいというのは、

ごく健康な思考です。

そして、そういうごく当たり前の気持ちを利用して

ジャニーズ事務所は「スルー」を一つの手段と

して使ってきたのです。

堂本剛もまた、謝罪などしないことで、黙っている

ことで「無かったこと」にしてきたのです。

そうして時は過ぎてゆく。

「20周年」が目出度く終わりました。

コンプリートアルバムも出ます。

来年もその次の年も、また光一さんが「ひとりで」

Gのステージに立つのかもしれない。

これまでと同じことが繰り返されてゆく。

もういいでしょう。


もう「風化」させない!

「なかったこと」にはしない!




一時の感情的な怒りではなく、もっと冷静に見ても、

「葬式ごっこ」は「ネタ」にはならないし、そもそも

本人のいないところでは「笑い」にはなりません。

そんなことを楽屋などではなく、「舞台」で堂々と

行なった事実は消えません。

そういうことを平気でする堂本剛を黙認しては

ならないと思います。

ですから、事実は事実として明らかにしておかな

ければならない、と思います。

それは愉快なことではありません。

実際、かなりしんどいことです。

それでも、どこかで、誰かが、事実を事実として

残しておくことが大切だと思っています。

ひとりひとりは微力でも、光一さんの未来を

諦めてはいけない、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/31の「公式レポ」ですと??

「コギリ」とやらはどうやら結構長い期間あったよう

ですが、その中でもわざわざ10月31日を選んで

の「公式レポ」

ジャニーズ事務所も「なかった」ことにする必要を

感じたのでしょうね。

例の「サプライズ」の部分。

音が楽屋に筒抜けで失敗?

などと書かれていましたね。

しかも「レポ」後半は堂本剛の「メッセージ」?

レポというような内容ではなく、まあ一種の

主張なのかなんなのか。

でもこれで、「なかったこと」にした事務所の

対応が逆に明らかになったわけで、所詮

これが「ジャニーズ」事務所の正体ということ

です。

改めて失望した、というほどでもなく、

「やっぱりね」と確認した、という気持ち。


もう、心底うんざりで、嫌になっています。

こういう事務所にいる光一さんを、どうやって

応援できるのか??


光一さんは好きでも事務所は大嫌い!

この気持ちにどう折り合いをつければ

いいのか??

わからなくなってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「堂本兄弟」収録?

Twitterで西川さんや、高橋みなみさんから


「堂本兄弟」収録のツイートが流れてきていま

すね。

放送は12月半ばのようです。

「楽しかった」模様。

それは番組ですからいいのですが、自分として

は全く見る気になれません。

光一さんの「ソロ」番組がほしいです。


またTwitterでいきなり稲垣くんや慎吾くんの

ツイート(のリツイート)が出てくるのにもビックリ。

時代の変化を感じます。

森くんとの再会シーンは、かつての森くんファンと

しては嬉しかったです。

このようなところから、変化が始まってゆくのかな?

と思います。

光一さんを取り巻く環境も、良い方向に変わって

ゆくことを期待しています。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«光一さんのラジオ 11/13